モテダイ

楽して15キロ痩せた 私のモテるためのダイエット法

痩せたいなら水を飲むべし。体質改善編。

      2016/01/07

・しんどいことは続かない
・運動なんて大嫌い
・とにかく食べるの大好き

筆者は、まさにこのタイプです。頑張るのが大の苦手で、筋トレや食事制限は3日坊主どころか、2日でやめてしまうほど意思が弱く、2kg痩せては3kg増え、5kg痩せては8kg増える…。そんな私が、どうして2年間でマイナス15kgを達成できたのか、その方法を、これからどんどん紹介していきます。

体質改善とは?
まずは、今までしてきた辛い筋トレや食事制限で痩せた事がない方、またはリバウンドを繰り返してきた方は、その方法だけでは100%痩せません。だって、そういう体質だからです。まずは、痩せやすい体質に変えてから、何かしらの努力をしていきましょう!

モデルさんや、女優さんは、「その体型を維持するためにしていることは?」という質問に対して、必ずと言っていいほど「何もしてないんですよ。」などと答えていますよね。そんな訳はありません。努力していると言うほど、必死にしなくても、少しの運動や食事制限で、痩せやすい身体をつくっているからです。

体質改善の初級編!水を飲む
「本気で痩せたいのであれば、水を飲みましょう!」「1日2ℓ!」どちらもよく聞くフレーズですよね。ですが、ただ沢山飲めばいいという訳ではありません。体重1kgに対して、0.05ℓを目安にしてください。体重50kgの方は、2.5ℓです。そして、一気に飲むのも健康的に良くありません。沢山飲む場合は、30分に500mlを目安にしてください。

水太りは嘘
「水を飲めば痩せると言われて飲んでいるけれど、逆に太ってしまった…。」これもよく聞くフレーズですよね。普段、500mlのペットボトルほどの水分を飲んでいた人が、突然2.5ℓも飲み始めると、身体の中では「やったー!大量に水が来たぞ!でも、次はいつこんなに飲んでくれるか分からない…いつも500mlでやり繰りしていたのだから、少しの間溜めておかなくては!」なんてことが起こってしまい、結果、むくみが酷くなったり、見た目が太くなったように感じてしまう人も少なくありません。それを「太った」と勘違いして、また水を飲まなくなる。というサイクルに陥ってしまいがちです。普段あまり水分を摂らない方は、必ず起こる現象ですので、2〜3日で諦めてしまわず、2週間以上続けてみてください。身体は、「毎日水分をきっちり摂ってくれる」と認識し、しっかりと排泄してくれるようになります。こうした、日々の少しの努力で、痩せやすい体質に改善していきましょう。

どうして水?お茶やジュースじゃダメな理由
どうして水なのか?ダイエットでは、いらないものを早く体外へ排出した者勝ちです。ジュース、お茶、コーヒー、お味噌汁などの水分でも構わないのですが、早く体外に排出したいのに、身体に入るとまず「食べ物」と「水」に分けてから、いらないものを運び始めるので、単純に作業が遅くなってしまいます。「水」だと、すぐにその働きが出来るのと、無駄なカロリーを摂らない為にも水をオススメします。また、美味しくない硬水を頑張って飲んでいる方も少なくないと思いますが、実は日本人の身体には、軟水が合っているので、自分が美味しく感じる軟水をチョイスして飲んでみてください。

水の温度
本当は、身体と同じくらいの温度のぬるま湯か、暖かい白湯がベストです。冷たいお水だと、内臓を冷やしてしまい、代謝を落としてしまう可能性が高いので、なるべく優しい温度の水を飲むように心がけましょう。

水を飲むくらいは続けよう
難しいことでも、しんどいことでもありません。強いて言うなら、そんなに美味しいものでは無いということでしょうか。コップ一杯で大体250mlなので、朝起きて出勤までに2杯、ランチ休憩までに2杯、ご飯を食べながら1杯、おやつの時間に1杯、帰宅後2杯、お風呂で1杯、寝る前に1杯、いつもよりも、「水を飲もう!」と思えば2.5ℓは飲めます。慣れるまでは、1ℓからでも構いません。水を飲むことくらいは続けましょう!

1日くらい出来なくても大丈夫!
続かない自分を責めるのはもうやめましょう。明日からちゃんとすれば、身体はきちんと排出してくれます。まずは、出来ることから続けることが大切です!

 - 体質改善