モテダイ

楽して15キロ痩せた 私のモテるためのダイエット法

楽して痩せてモテたいなら、ついでスクワット!

      2016/01/07

筋トレも、ウォーキングも、食事制限も、「やれば痩せる」というのは、イヤというほど分かっているのです…。
「1日○回、腹筋する!」などと書いて壁に貼ってみたり、1駅前から歩いてみたり、お菓子は食べない!と周りに宣言してみたり、炭水化物を抜いてみたり、今度こそ絶対に続ける!努力する!と心に決めても、中々続かない…ということがよく起こりますよね。

そういう「やる気はあるんです!でも、なかなか続かないんです…!」という方にオススメの方法があります。

ついでスクワット
トイレに行ったついで、飲み物を買いに行ったついで、仕事の合間の休憩のついで、など、何かのついでに人気のないところでスクワットをすることです。少し前に、美尻のためのスクワット100回チャレンジ!という、毎日5回ずつ増やして1ヶ月続けると、美尻を手に入れられる!というのが流行りましたよね。筆者も、意気込んでチャレンジし始めましたが、そのチャレンジは3日で終了してしまいました…。こんなにしんどいのが、1ヶ月も続いて、10日後には50回なんて無理だ!と気付いてしまったからです。ついでスクワットを始める際の注意点は、意気込まないことです。

何でスクワットなの?
ちなみに、どうしてスクワットがダイエットに良いのかと言うと、体の1番大きくて太い筋肉が太ももとお腹にあるためです。その大きな筋肉をどちらも使うので、有酸素運動がより効果的に行われ、代謝が上がり、その結果、痩せやすくなるというわけです。

スクワットの方法
まず両足を肩幅より少し狭く広げ、背筋をピンとして立ちます。次に、腰に手を当てるか、床と平行になるように手を前に伸ばします。手を前に伸ばす方が、負担が軽いので、慣れるまではその方がいいかもしれません。お尻を床と平行にするぐらい結構深く沈めて、少しゆっくり目にスクワットをしてください。腰や肩を丸めず、姿勢を正しくすることのみを意識します。

応用編として、かかとを少し上げた状態でスクワットをすると、ふくらはぎのエクササイズにもなり、足首がキュッと細くなります。

はじめから何十回も繰り返すと、しんどくて続かなくなってしまうので、「辛い…しんどい…」の一歩手前の回数を心がけましょう。筆者は、頑張るぞ!と意気込めば意気込むほど続かないタイプなので、「トイレのついでに、10回だけしよう!」目標はこれのみでした。

お腹とお尻を引き締めたくて始めたのですが、スクワットを始めて1週間して、ウエスト周りが何となくスッキリしているような気がしました。2週間後測ってみると、ウエストが3㎝減り、何をしても中々減らなかった下腹も1.5㎝減り、体重も1㎏減っていました。特に何もしんどいことはしていないのですが、ただ「トイレに行くついでにスクワット10回」というのを決めているだけでした。(しかも、家ですると決めると、「しなければ」に変わり、嫌になってしまうので、会社でのみ行っていました。)3週間目からは、何となく20回に増やしました。努力した気は、全くありませんでしたが、気付けば2ヶ月ほど続いていました。3日坊主の私が60日も続くなんて驚きました。たまに忘れる事はありますが、それも特に気にしなくても良いですし、自分を責める必要もありません。頑張らずに、なんとなく毎日続けていれば大丈夫です。

皆さんも、「あれのついでにスクワット」これだけを心に決めて、始めてみてください。モチベーションを上げるために、1日目にウエストとお尻の測定をしておくことオススメします。

しんどい筋トレを毎日100回とか、お風呂上がりに10分ストレッチをするとか、痩せたいならばとても大切なことではあるのですが、なかなか続かない…という方は、会社のトイレや休憩室など、ほんの少しのスペースがあればできるので、理想のボディーを手に入れるために「ついでスクワット」一度試してみてはいかがでしょうか。

 - 運動